「ストライクTV」DaiGoメンタリストパワーストーン当てのタネ明かし・ネタバラシ・やり方 4月16日

2012年4月16日放送テレビ朝日ストライクTVではメンタリストのDaiGo(ダイゴ)さんがパワーストーンがどちらの手に入っているか当てるという手品・マジックのタネ明かしをしていたので、その方法・やり方を紹介します。

出演者:田中裕二 太田光(爆笑問題) 藤本敏史(FUJIWARA) 多田文明 村上純(しずる) 高橋茂雄(サバンナ) 古坂大魔王 観月ありさ 塩田久嗣 宇治原史規(ロザン) DaiGo 土井英司

DaiGoのパワーストーン当て

パワーストーンをどちらの手に隠したか当てる
どちらかの手でパワーストーンを握って前に出して、それをメンタリストのDaiGoさんがパワーストーンのエネルギーを透視してどちらの手に入っているかを当てるというもの。
これは超能力ではないとのこと。
実際に観月ありささんが片方の手にパワーストーンを握って両手を前に出すと、DaiGoさんは少しづつ見えてきたと話し、観月ありささんの左手にパワーストーンがあるということを当てていました。
出演者の方々が50%じゃないかと言うと、DaiGoさんは99回やったら99回当てられるとコメント。
ここでその100発100中当てられるという根拠を披露。
実際にはパワーストーンを透視しているのではなくて、大事なのは腕の筋肉を見ることだそうです。
そしてもう一度観月ありささんが筋肉を読み取られないように、DaiGoさんのウラを取るようして挑戦。
すると、DaiGoさんは苦戦している様子で観月ありささんに本当にパワーストーンを持っているかと聞いていました。さらにとても難しい状態で、まったく表情に揺らぎがなくさすが女優だコメント
そしてもしかして僕の負けかもしれないと話し、右手に持っていると解答するも観月さんは右手に持っていなくて失敗。
2回目はほとんど反応がなかったので難しかったとのこと
そしてこのマジックの種明かし。


パワーストーン当てのネタバラシ

筋肉を見ていて具体的には3つのポイントは見ている。

ポイント1

両手を無意識に前に出すときに指先で物をもつときには少し力が入るので、拳が少し上がる
なので同時に出した時に拳の高い方に持っている可能性が高い

ポイント2

持っている方のては方までの筋肉が緊張するので、触った時に跳ねっ返りが強い。
つまり押した時に押し返す力が強い方・筋肉が硬くなっている方に持っている可能性が高い。筋肉の固さを見る。

ポイント3

手を下から読み取るように触った。
手を開いて縦にして腱を触ると柔らかいが、握ってみると硬くなる。
つまり持っている方の手は腱が固くなる。微妙な反応だが実際に練習してみるとかなりの高確率でわかるようになるそうです。

難しい時は「難しいですね」というふりをして「読まれてないな」油断させ、その瞬間に目の動きを見たり、体の動きからどちらかに絞る

またDaiGoさんは観月ありささんの右手と予想したポイントとして
ずっと持ち上げているので重いものを持っていると疲れてくるので、腕がだんだんと下がってきた方に持っている可能性が高いからだと話し、苦戦しているように見せて実は手が下がるのを待っていたとのこと

DaiGoさんは以前放送されたストライクTVでもスプーン曲げのタネや方法などについて紹介していました。
ストライクTV スプーン曲げ メンタリストDaiGo 誰でも超能力者になれる? 4月2日放送
フォーク曲げののタネやいいともでの手品についてはこちら。
メンタリストDaigo スプーン曲げのトリックは?

シェアする

関連商品