土田晃之おすすめ最新炊飯器ランキング【極め羽釜,おひつ御膳,tacookの口コミ】|バイキング

2014年11月7日(金曜日)放送のフジテレビ・バイキングでは紹介したものは必ず売れるという家電好き芸人・土田晃之がさんが今最もおすすめしたい最新炊飯器ベスト3を紹介していました。

おひつ御膳(HITACHI)

この炊飯ジャーはオカマの部分が外せるようになっており、炊いたご飯を熱々のまま食卓に置くことができる。昔ながらのおひつを最新の技術で進化させた商品。もちろん保湿性は抜群。電源を切った時点から2時間おいても中は70度、ほかほかご飯のまま。しかも0.5合(お茶碗1杯分)から美味しく炊けるので、特にシニア世代の夫婦にはおすすめの商品。

値段は50000円

tacook(TIGER)

見た目が炊飯ジャーには見えない可愛らしいデザインが特徴的。フタを開けるとオレンジ色のお皿があり、ご飯を炊きながら料理が作れるという一石二鳥の炊飯ジャー。

使い方はいたって簡単。鶏肉に玉ねぎ、調味料、卵を入れて、ごはんを炊くだけ。するとごはんを炊く熱でお皿に載せた材料にも火が通り、ご飯が炊きあがると同時に調理が完了。簡単におかずがもう一品できちゃいます。

しかも値段は8000円程度とお財布にも優しい商品。

南部鉄器 極め羽釜(象印)

こちらの炊飯ジャー家電良品店で販売されている値段は10万円。値段が高い理由は内釜。この内釜、釜戸で炊いていた昔ながらの羽釜を炊飯ジャーで再現するため、岩手県の南部鉄器の職人さんが1つ1つつくり上げるというこだわりよう。

この羽釜が熱を逃さず、お米一粒一粒をしっかりと炊き上げる。
さらにこの炊飯ジャーがすごいのがその学習能力。我が家炊きというボタンを押して、前回の炊きあがりの感想を入力すると、次にごはんを炊くときにコンピューターが自動で炊き方を微調整。121通りの炊き方から、自分にぴったりの炊き方を選んでくれてる。

炊飯ジャー 長年使った炊飯ジャー買い替え。 同じお米でも全然美味しさが違う。 #極め羽釜#象印

remonさん(@reitter.remon)が投稿した写真 –

シェアする

関連商品