高額プレミア切手の価値・買取価格の無料査定|雑学家族

2013年1月19日(土曜日)放送のテレビ朝日・雑学家族では、切手書籍を多数執筆する切手のプロで国際切手展審査員の内藤陽介さんが高額プレミア切手を紹介していました。

昭和36〜39年発行:東京オリンピック切手 300円

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】
日本でのオリンピック開催を記念して発酵されたこの切手。累計1億7千万枚以上とかなり大量に発行された。

未使用の場合は5円の価値しかないが、発行当時実際に使用されたものだと300円の価値がある。

当時多くの人が未使用のまま保存していたため、発行当時の消印が押されたものは未使用に比べて数が少なく価値がある。
高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】

昭和23〜24年発行:産業図案切手

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】
当時主要産業であった製鉄、炭鉱で働く人をモデルにすることで国民の労働意欲向上を狙った切手。

炭鉱夫切手5円→未使用で3200円

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】
高額のポイントは古い未使用の普通切手だということ。切手には行事などを記念し、期間限定で発行される記念切手と、通年発行される普通切手がある。普通切手は実際に使用するために購入する人が多く未使用の数が少ない。特にこれは古い未使用の普通切手のため高額。

昭和23年発行:見返り美人切手 18000円

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】

切手趣味週間記念に発行された見返り美人切手。

浮世絵がデザインされた切手の元祖で当時500万枚くらい発行されるのが普通だった記念切手の中で、発行枚数150万枚という少なさから発売早々に売り切れ。

状態が良い物なら18000円の価値がある。

切手の買取価格はインターネットから無料査定できます。

【365日・24時間受付中】切手の買取ならスピード買取.jp

家にあったら超ラッキー高額プレミア切手ランキングシリーズ別ベスト3

第1位:明治5年発行 桜切手(二十銭・赤紫色) 30000万円

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】

切手の四隅に描かれた桜模様が名前の由来。
使用済みの切手がわずか20枚ほどしか発見されていない大変貴重なもの。多くのコレクターが探している幻の切手と言われている。

第2位:明治5年発行 竜銭切手(壱銭・第三版) 150万円

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】

竜銭切手の発行後、わずか数ヶ月で次の切手の発行が決まり、竜銭切手の発行はすぐにストップした。そのため数が少なく高額とされている。

第3位:明治8年発行 鳥切手(十二銭・ハ) 70万円

高額プレミア切手の価値/買取価格【雑学家族1月19日】

かなり熱心なコレクターなら持っているかもしれないという一品。鳥の名のごとく中央にはカリが描かれている。

鳥が描かれた切手は、カリが描かれた十二銭切手、セキレイが描かれた十五銭切手、タカが描かれた四十五銭の切手の3種類があり、カリが最高額とされている。

鳥をモチーフにしている切手が多いのは、鳥は物を早く運ぶ象徴として描いているからだそうです。

シェアする

関連商品