りんごポリフェノールのシミ抑制効果|NHKあさイチ

2014年11月10日(月曜日)放送のNHKあさイチ!「イチおし 知ってトクする!リンゴ大研究」では、りんごのシミ抑制効果について紹介されていました。

りんごポリフェノールのシミ抑制効果

りんごには肌のシミを抑制する効果が期待されている。

効果が期待されているのはりんご特有のプロシアニジン類という、ポリフェノールの一種。りんごの切り口は茶色くなるが、それがポリフェノールの働き。自分が茶色くなることで、中を白いままに保っている。

アサヒホールディングスではりんごポリフェノールの実験を行った。

まずりんごから採ったポリフェノールを毎日飲み続けてもらう。そして2週間後に紫外線を当ててシミを作り、ポリフェノールを飲んだ人と飲まなかった人のシミの濃さを10週間比較した。すると飲んだ人のほうがシミの濃さが薄くなっていた。

NHKあさイチ りんごポリフェノールのシミ抑制効果【11月9日】
シミの原因メラニン色素の量も比べたら飲んだ人のほうが少なくなっている。
NHKあさイチ りんごポリフェノールのシミ抑制効果【11月9日】
品種などにも夜が1日1個食べると効果が期待できる。

その他の効果

  • 便秘解消
  • 血圧の上昇を抑制
  • 中性脂肪↓
  • 美肌
  • 疲労回復
  • 肺がん↓
  • 気管支喘息↓

農研機構果樹研究所専門員の田中敬一さんによると、1週間に2回りんごを食べた人と食べなかった人を比べた場合、気管支喘息になるリスクが32パーセント下がったという。気管支喘息の原因のヒスタミン濃度が20数パーセント下がった。

フィンランドで行われた疫学調査によると、1日1個のりんごを食べている人と食べていない人を比較した場合、肺癌のリスクが58パーセント下がることがわかった。またその他の癌のリスクも17パーセント下がることがわかった。

冷凍りんごの簡単レシピ【トースト】|モーニングバード3月5日

シェアする

関連商品