ザワーブラーテン風豚肉の赤ワイン煮・じゃがいものクヌーデルのレシピ・作り方 知りたがり・淳とヤミーのアツアツキッチン6月13日

2012年6月13日放送のフジテレビ・知りたがりの淳とヤミーのアツアツキッチンで紹介されていたドイツ料理・ザワーブラーテン風豚肉の赤ワイン煮とじゃがいものクヌーデルのレシピ・作り方です。

ザワーブラーテンというのはドイツの甘酸っぱい家庭料理。ザワー=すっぱい、ブラーテン=焼くという意味。ソースにレーズンが入ることが多い。
クヌーデルとは団子の意味で肉や魚のすり身で作ったものや、今回のようにジャガイモでつくったものが多い。付け合わせに使われる。

ザワーブラーテン風豚肉の赤ワイン煮のレシピ・作り方

材料(2人分)

  • 豚こま切れ肉 200g
  • 塩 小さじ1/4
  • 黒コショウ 適量
  • サラダ油 大さじ1
  • 赤ワイン 100cc
  • 白ワインビネガー 大さじ2
  • パセリ 適量 (みじん切り)

A

  • タマネギ 1/2個 (薄切り)
  • ニンジン 5cm (長さ3cmの短冊切り)
  • 長ネギ 15cm (小口切り)
  • レーズン 大さじ2
  • バター 5g

B

  • 水 100cc
  • 黒粒コショウ 4粒
  • ローリエ 1枚
  • 塩 小さじ1/4
  • パン粉 大さじ2

作り方

(1)豚肉は塩・黒コショウで下味をつける。
(2)フライパンにサラダ油を熱し、(1)の豚肉を入れ、1分ほど炒める
※本来は2~3日かたまり肉を酢でマリネしてから煮込む料理。かたい肉を美味しくするための方法なので、柔らかい豚肉の細切れ肉で作ることで短時間で、しかも漬け込むことなく作る。
(3)(2)のフライパンにバターを熱し、Aの野菜、レーズンを入れ3分ほど炒める
※レーズンを入れて野菜と一緒に炒めることで、レーズンの甘みが出る。またやわらかくなるので、全体となじみやすい。
(4)(3)のフライパンに赤ワイン、白ワインビネガーを入れ、ひと煮立ちさせる。
(5)(4)のフライパンにBの材料を入れ、フタをして5分ほど煮て器に盛りパセリをかければ完成
※パン粉を入れることで、とろみを出す。ドイツではジンジャーブレッドを入れて煮て、ソースにとろみをつけることが多い。(スパイスが入っているので、味わい深く、とろみがつく)今回とろみはパン粉で代用。

じゃがいものクヌーデルのレシピ・作り方

  • ジャガイモ 300g(電子レンジで加熱し皮を除く)

  • 塩 小さじ1/4
  • 薄力粉 大さじ2
  • 片栗粉 大さじ2

作り方

(1)ボウルに、ジャガイモを入れ、ゴムベラで30秒ほどつぶす
(2)(1)のボウルに、★の材料を加えて、ゴムベラで混ぜ合わせ、手で混ぜ合わせてる(全体で1分くらい)
(3)(2)の生地は、4等分して団子状に成形する。
(4)耐熱容器(ボウル)に(3)の生地を入れ、濡らしたペーパータオルをかけ、
ラップをする。
(5)(4)の容器を、600Wの電子レンジで加熱すれば完成(3分/返して2分)
※濡らしたペーパータオルをかけて加熱することで、水分を逃がさない。返して加熱することでムラをなくし、水分が均一になるようにする

シェアする

関連商品