10分で簡単クリームシチューレシピ/作り方【片岡宏之 モーニングバード】

2013年2月27日放送のテレビ朝日・モーニングバード!「プロ技キッチン」ではイタリアンの巨匠・片岡護さんの長男で「リストランテアルポルト」の片岡宏之シェフが煮込まないで10分で作れる「片岡さん家の簡単クリームシチュー」のレシピを紹介していました。

10分で簡単!片岡さん家のクリームシチューレシピ

10分で簡単クリームシチューレシピ/作り方【片岡宏之 モーニングバード 2月27日】

材料(分量4人分)

  • 小カブ…2個
  • ほうれん草…60g
  • ベーコン…50g
  • トマト…適量
  • パセリ…適量
  • オリーブオイル…少々
  • ホワイトソース…290g(1缶)
  • 牛乳…40cc
  • 白味噌…40g

作り方

【1】ほうれん草を下茹でしたら氷水で冷やし一口大に切る。

【2】カブの皮をむいて6等分(一口大)に切る。

【3】鍋にオリーブオイルをしき、ベーコンを中火で軽く炒めたらカブを入れてなじませる。

【4】鍋に水(40cc)を入れてふたをしてカブを蒸す。(2〜3分)。少し透明感がでるくらいでOK.

【5】ボウルにホワイトソース・牛乳・白味噌を入れて30秒ほど混ぜ合わせる。

【6】【4】に【5】とほうれん草を加えて混ぜれば出来上がり。

ポイント

  • 材料はクリームと相性の良い物しかいれない。
  • ベーコンから出る旨味(脂)で余計な調味料がいらない。
  • 具材を蒸し焼きにすることで煮込みいらずに。
  • 白味噌を入れることでコクと甘みが増す。

カブの選び方

スーパーで一般的に売られているものは小かぶというもの。簡単にシチューに相性が良い物は玉が小さく根が長いもの。

玉が小さい分、身がぎゅっと詰まっているので、6センチぐらいの大きさがベストなんだそうです。6センチのカブは適度な大きさで身も詰まっていて食感もよく、火を通した時に煮崩れしにくい。クレジットカードなどの縦の長さが大体6センチなのでそれを基準に選べば良い。

根っこが長い文大地の栄養を沢山吸っている証拠。カブは栄養を多く吸収することでより甘みを増す。

お店によっては根が切られているものがあるが、茎周辺の身が黒くなっていたら鮮度が落ちている証拠。綺麗な真っ白な状態が新鮮なもの。

その他のシチューレシピ

15分で簡単!クリームシチューレシピ&作り方【おかずのクッキング9月28日】

シェアする

関連商品