かかとの角質ケア(かさかさ&ひび割れ)のやり方|NHKあさイチ

2013年5月30日放送のNHKあさイチ!「素足で気になる!かかとの角質ケア」では、足のトラブルの専門家、東京医科歯科大学フットケア外来医師の高山かおるさんが、正しいかかとの角質ケアについて解説していました。

正しいかかとの角質ケアのやり方

足の裏が乾いた状態で行う。やすりは足裏専用の物を使う。

1
丸みにそって側面から足の裏に向かって削る。この時やすりを往復させてはダメ。皮膚が毛羽立たないよう必ず一方向に削る。
NHKあさイチ かかとの角質ケアのやり方【5月31日】
2
保湿クリームを塗る。ごしごしと塗らないで皮膚に浸透するように優しく伸ばすのががポイント。
NHKあさイチ かかとの角質ケアのやり方【5月31日】

このケアは週に1回でOK。削り過ぎると角質を固くしてしまうので週1〜2回が良いが、保湿クリームは毎日塗ると効果がある。

濡れた足でやると皮膚が脆弱なところに強い力がかかるので角質が増殖しやすくなる。角質が濡れて柔らかい状態で強く削ってしまうと角質がとれ過ぎてしまう。その時皮膚を守ろうと防御反応が働く。その結果新たに角質が作られた更にかさかさしてしまう。

足専門パーツモデルの角質ケア

さらに足専門のパーツモデルの上口香寿美さんが足の自身の角質ケアについて解説。

足の輝きの秘訣は保湿で、足も顔と同じようにケアをするそうです。化粧水を塗ってクリームを塗って保湿をするとのこと。

短時間で効果絶大の足裏ケア

保湿効果の高い顔のパックを使用後、すぐに2つにちぎって足の気になる部分に貼る。そしてラップを巻き靴下をはいて15分ほど待つ。

NHKあさイチ かかとの角質ケアのやり方【5月31日】

顔パックの保湿成分が足に浸透し、潤いが長続きする。

シェアする

関連商品