ジョブチューン 市販のうなぎの蒲焼きのおいしい食べ方&焼き方【12月6日】

2014年12月6日(土曜日)放送のTBS・ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!「超一流漁師が大集結!!冬の大漁祭SP 漁師オススメの食べ方は!?」ではうなぎ養殖業の片岡征哉さんがスーパーなどで売っている市販のうなぎの蒲焼きの美味しい食べ方や美味しい鰻屋の見分け方を紹介していました。

市販のうなぎの蒲焼きのおいしい食べ方

1
うなぎのタレを熱湯で洗い流す。
2
表面の水分をふき、お酒を少しふりかけアルミホルで包む。
3
魚焼きグリルで3〜5分温め、タレを塗り焼きなおす。

市販の蒲焼きはタレがたくさんのっていてそのまま焼いてしまうと焦げてしまう。

美味しい鰻屋の見分け方

うなぎの専門店は秘伝のタレを持っている。タレのついていない白焼きを自身を持って出している店は間違いなく美味しい。

体長約5cmのうなぎの稚魚1匹の値段は約500円

稚魚の値段は毎年変動するが最近は500円位。片岡さんは年間60万匹、3億円ほど買っているそうです。

売るときは1000円前後になる。

うなぎ養殖業 片岡征哉さん

現在我々の食べているうなぎの99%は養殖。そんなうなぎの養殖を25年間行っている片岡征哉さん。

一般的な養殖ウナギは稚魚から育てて半年から1年で出荷するのに対し、片岡さんは2年間じっくり育て最も美味しくなったうなぎだけを出荷している。

片岡さんが育てたうなぎの甘さ、脂のりは天然うなぎに匹敵すると言われ、全国の超一流店で通常のうなぎの倍の値段で提供されている。

シェアする

関連商品