フィンランド・メソッドの発想法・批判的思考力トレーニング|世界一受けたい授業

2013年2月9日放送の日本テレビ・世界一受けたい授業では、法政大学キャリアデザイン学部教授の尾木ママこと尾木直樹さんがフィンランド・メソッドについて解説していました。

フィンランド・メソッドとは?

フィンランド・メソッドとはフィンランド式の発想力・論理力・表現力を養う学習法。

世界64カ国と地域が2009年に国際的な読解力調査(PISA読解力調査)を行った結果が日本は8位でフィンランドは1位。

フィンランドはこの調査で何度も世界一に輝いている。

この調査でいう読解力とはチラシなどの生活の中で文章を読んで騙されなかったり、電気製品などの取扱説明書を的確に読み取り、しっかりと社会にからみ合って生きていく力、生きるチカラのこと。

フィンランド式発想トレーニング イメージカルタ

1つの言葉や写真、絵などを提示され、そこからイメージをどんどん膨らまさせていく。つまり発想をどれだけ広げられていくかということ。

世界一受けたい授業 フィンランド・メソッドの方法【発想/批判的思考力トレーニング2月9日 尾木ママ】

なんでこのように広がっていくのだろうと、子どもたちがいろんな議論をして語り合い、疑問を出し合っていくと色んな物が論理的に展開され、答えを見つけようと鍛えられていく。

伝達力トレーニングのやり方

こらは世界で求められている新しい学力・批判的思考力を強化するトレーニング。批判的思考力とは日常にあふれる様々な情報を、本当にそれで正しいのかと考え、さらより伝わりやすくするためにはどうすればいいのかと考える力のこと。

問題は「電車の優先席に貼られる注意書きにどんな言葉を入れればもっと皆が席を譲れるか?」というもの。

世界一受けたい授業 フィンランド・メソッドの方法【発想/批判的思考力トレーニング2月9日 尾木ママ】
小木先生の模範解答は「一駅立ってカロリー消費」。

番組のゲストの方々は「一日一善」「あなたの家族と思ってね」「元気な方はお立ちください」「立て、立つんだ乗〜」「ゆずらなかったら何かが炎上します」「しめってるよ」「譲りたい人集まれ!」などと回答していた。

合わせて読みたい

ネウボラとは?フィンランド式の子育て支援【2月10日】

シェアする

関連商品