熊本県のライス焼きレシピ/作り方【秘密のケンミンショー】

2013年3月21日放送の日本テレビ・秘密のケンミンSHOW(ショー)「春の新生活応援大カミングアウトSP」では熊本市に住む熊本県民の秘密の粉物として肥後のたこ坊」のお好み焼きにご飯を入れたライス焼きが紹介されていました。

ライス焼きレシピ

熊本県のライス焼きレシピ/作り方【秘密のケンミンショー 3月21日】

材料

  • お好み焼きの生地
  • キャベツ
  • たくあん
  • コーン
  • 削り節
  • エビ
  • 豚肉
  • イカ
  • 天カス
  • マヨネーズ
  • 醤油だれ

作り方

1
熱々の鉄板に薄く生地を敷き、大量のキャベツを乗せる。さらにたくあん・コーン・削り節をのせる。
2
温かいご飯にマヨネーズ・特性の醤油ダレをかけて混ぜ、【1】の上に乗せる。さらに豚肉・エビ・イカ・天かすをのせて裏返す。仕上げにタップリとソースをふれば出来上がり。

ライス焼きといえばたくあんでたくあんがないとライスとお好み焼きがうまくマッチングしないんだそうです。1日に100枚くらい売れ、お客さんの2割がテイクアウトを利用している。

来店していたお客さんは「味はソース味で、一口目はパリっとしていてご飯の一粒一粒がちゃんと立っていておいしい。」と話していました。

肥後のたこ坊

〒860-0802 熊本県熊本市中央区中央街5-24 石原ビル

どのようにライス焼きは誕生したのか

社長の宮城建男さんによると23年ほど前に社長の金井がご飯を食べていて、そのご飯がマヨネーズに小をぶちかけていた。それを焼いてみてと言われてお好み焼きの中に入れて焼いてみたんだそうです。

ちなみにこのライス焼きはマヨ味以外にもスパイシーなカレー味やハンバーグ味、さらに熊本らしい馬肉味などがある。

シェアする

関連商品