眼と体の疲労回復に効果絶大!眼ヨガのやり方&ポーズ(浮きコブラ・モナリザの微笑)効果&照気法

2012年8月19日放送のTBS衝撃速報アカルイ☆ミライでは、「眼ヨガ 龍村式ヨガ健康法」の著者・龍村修さんが眼ヨガのやり方やポーズ(浮きコブラ・モナリザの微笑)のとり方、効果、照気法、一瞬にして視力がアップする裏ワザなどについて紹介していました。

眼と体の疲労回復に効果絶大?龍村修の眼ヨガとは

眼のかすみ、眼の乾き、ショボショボ感など目の様々なトラブルは目の疲れが原因。そしてそれを引き起こすのが体のバランスの崩れからくる血行不良だという。

眼ヨガは体のバランスを整えるヨガに、眼の運動をミックスし、目と体の疲労を解消し眼が持つ本来の力を引き出すのだという。

「眼ヨガ 龍村式ヨガ健康法」の著者・龍村修さんは、NPO法人沖ヨガ協会理事長で、眼ヨガ研究30年。全国でヨガ普及活動&ヨガ指導者を育成しているヨガ界の重鎮。

眼ヨガの効果

眼ヨガを体験した生徒さんに話を聞くと、視界が明るくなった。物が浮き出て見える。コントラストがはっきりする。などと大絶賛していました。

眼ヨガのポーズのやり方

モナリザの微笑

足と手を30度ほどに開いて仰向けになり、全身の力を抜いて微笑みリラックスする。
緊張がゆるみ血行が促進。目と体の疲労回復に効果がある。

また顔の筋肉がほぐれると脳の中もリラックスできるそうです。

浮きコブラのポーズ

(1)うつ伏せになり手は胸の横におき、つま先は立てた状態にする

(2)額を床につけ、深く生きを吸いながら身体を反らして起き上がる

(3)息を吐きながらゆっくりと眼と顔を横に向ける

(4)ゆっくりと首振りを3〜4回行う

頚椎のバランス矯正と眼の筋肉をほぐす効果や、かたや首の凝りを解消する効果がある

短時間で視界が明るくなる照気法のやり方

(1)両手をこすりあわせて温める

(2)手をお椀の形にして中央が眼の上にくるようにあてる

(3)両目をつぶり手から眼に清涼な空気が入るイメージで息を吸い、老廃物を出すイメージで息を吐く

(4)この呼吸法をゆっくり3〜4回行う

この呼吸法を行うことで眼の緊張がほぐれ血行が促進。眼の本来の力が引き出され視界が明るくなるそうです。

一瞬にして視力がアップする裏ワザ

耳たぶの裏にあるくぼみを指で押すように刺激を与えると、眼の神経が覚醒し視力が良くなる。
自分でゆっくりやさしく加減しながら行うのが良いそうです。

その他の視力回復法

お試しか 視力回復法&本【11月17日 ペットボトル呼吸法 視力向上ヨガ】

林修の今でしょ講座 ドライアイの対策と予防法 目薬の正しいさし方|3月3日

シェアする

関連商品