行正よし子のハンバーグレシピ|ソロモン流

2013年6月23日(日曜日)放送のテレビ東京・ソロモン流【賢人:行正り香】では、料理研究家の行正り香さんの母、行正よし子さんがハンバーグのレシピを紹介していました。

よし子のハンバーグレシピ

ソロモン流 行正よし子のハンバーグレシピ【6月23日】

材料(分量2人分)

  • 牛ひき肉…200g
  • 豚ひき肉…100g
  • 玉ねぎ…1/2子(みじん切り)
  • 卵…1子
  • パン粉…1/2カップ
  • ナツメグ…少々

作り方

1
ボールにひき肉・パン粉・卵を入れ、さらにみじん切りにしレンジで温めた玉ねぎを入れる。塩・こしょうで味を整え、よくなじませたら手のひらサイズに形を整える。玉ねぎを炒めないのは母直伝の手抜き。
2
フライパンに油をひき、熱くなったら【1】のハンバーグを入れ強火で2分ほど焼く。焼き色がついたら裏返し、できるだけ弱火にする。余分な油はキッチンペーパーでしっかり取り除く。

焦げ目が付くまではしっかり強火で焼くのがポイント。
3
【2】のハンバーグの上にケチャップ・中濃ソースをのせ、上から赤ワインをまわしかける。ハンバーグを返し、フタをして蒸し焼きにする。
4
器に盛りソースをかければ出来上がり。

材料は普通のハンバーグと同じ。ただしお肉は牛ひき肉と豚ひき肉を2:1の合い挽き肉にするのがポイント。行正り香さんよると洋食屋さんのハンバーグのようだそうです。

行正さんのおおらかな性格は母のよしこさん譲り。そしてもう一つ譲り受けたのが味。料理本にもそのまま母の名前をつけた得意料理を載せるほど。

あわせて読みたい

シェアする

関連商品