カレーの隠し味にはオイスターソースがおすすめ!プロが薦める隠し味ベスト10(ココア・生クリーム)NHKゆうどきネットワーク8月22日

2012年8月22日放送のNHKゆうどきネットワーク「明日からデキる生活向上委員会」では、魅力倍増!カレーの極意ということで、カレー研究科の井上岳久さんが、プロが教える隠し味(オイスターソース・ココア・生クリーム)などを紹介していました。

番組ではカレーに関する著書を数多く出版しているカレー研究科の井上岳久さんがプロがおすすめするカレーの隠し味を紹介。

プロおすすめするカレーの隠し味ベスト10

1位 オイスターソース
2位 ココア
3位 生クリーム
4位 炒め玉ねぎ
5位 豆板醤
6位 カレー粉
7位 ヨーグルト
8位 ケチャップ
9位 バター
10位 ドミグラスソース

※カレー屋さんや料理研究家100人を対象に調べた結果

プロは入れた隠し味がストレートにわかるものではなく、隠れて味がアップするものを好む傾向があるそうです。

オイスターソース

ウスターソースやとんかつソースなどもあるが、塩や酸味が入っているので旨みプラスアルファの要素が多く変化しやすいのでプロはあまりおすすめしない。

オイスターソースはそういうところが控えられていて、旨みが凝縮したソースなのでストレートにカレーの旨みがアップする。

オイスターソースは溶け込みやすいのでさっとかき混ぜるだけでOK。

ココア

粉のまま入れてしまうと粉粒が残ってしまうのでお湯で溶いて液体状にしてから入れるのがポイント。

また砂糖が入っていないココアを使うとぐっと香りが引き立つ。

普通苦味を入れたい場合はインスタントコーヒーがあるが、インスタントコーヒーだとインスタントコーヒーの苦味になってしまう。ココアだとなんとなく苦味がある感じであまりココア感がでないそうです。

生クリーム

生クリームを入れるととてもコクが出て、まろやかなカレーになるそうです。

乳製品だとバターや牛乳などがあるが、生クリームだととても濃厚で、バターや牛乳に比べると少量でうまみ、まろやかさ、コクが出やすい。

隠し味のポイント

  • 小さいスプーンで少しずつ加える。味の変化を見ながら自分がこれでいいと思うところで止める。いきなり多く入れてしまうと目指している味よりも行きすぎてしまう。
  • 入れるタイミングは調理の最終段階。溶け込みやすいよう、弱火で加熱しながら加える。

一般主婦の隠し味ベスト10

さらに番組では一般の主婦の隠し味のべすと10も紹介。
1位 バター
2位 ガラムマサラ
3位 赤ワイン
4位 ココア
5位 チャツネ
6位 ウスターソース
7位 生クリーム
8位 はちみつ
9位 ケチャップ・トマトペースト
10位 ビターチョコレート

※カレー総合研究所調べ

一般のかたはチョコレートやウスターソースなど、カレーに入れて直接的に味がわかるものを選ぶ傾向が強いそうです。

また甜麺醤と梅酒を加える事で高級なカレーになるとのこと。

カレーの隠し味に甜麺醤&梅酒で高級な味に?【トリックハンター 1月21日】

シェアする

関連商品