ウルトラ蒸し生姜の作り方レシピ&ダイエット効果【NHKあさイチ 1月15日】

2013年1月15日放送のNHKあさイチ!「スゴ技Qこれぞ究極ウルトラ蒸しショウガ」では、ウルトラ蒸し生姜の作り方や効果などを紹介していました。

ウルトラ蒸し生姜の正体は漢方で使われている生姜,乾姜

番組では東京都渋谷区にある遼寧(りょうねい)漢方薬局(ホームページ:http://www.chuigaku.co.jp/)で漢方に使われている生姜を紹介。

中国漢方ではショウガには2つの種類があり、1つはショウガを乾燥させただけの生姜(ショウキョウ)。もう1つは、見た目が黒っぽい乾姜(カンキョウ)。

乾姜は生姜よりも珍重され、体を温め寒さを散らす温中散寒の調薬として使われきた。上手に取り入れれば体の中から温めて冷えをとる作用が期待できる。

ウルトラ蒸し生姜の正体はこの乾姜。番組では生姜を長年研究してきた医学博士の平柳要先生がウルトラ蒸し生姜のレシピを紹介。

ウルトラ蒸し生姜の作り方レシピ&ダイエット効果【NHKあさイチ 1月15日】


ウルトラ蒸しショウガの作り方

(1)皮のままショウガのしま模様に注目し、その繊維の目に沿って厚さ1~2ミリ程度にスライスする。繊維の目に沿って切らないと繊維が毛羽立ち食感が悪くなってしまう。

ウルトラ蒸し生姜の作り方レシピ&ダイエット効果【NHKあさイチ 1月15日】

(2)蒸し器の中にクッキングシートまたは、蒸し布を敷いて、ショウガを重ならないように並べる。

(3)おおよそ30分程度蒸す。

(4)天日なら丸1日。室内なら1週間程度干す。 ※乾燥する際には、発火の恐れがありますので、電子レンジは使用しない。

ウルトラ蒸し生姜の作り方レシピ&ダイエット効果【NHKあさイチ 1月15日】

作り方のポイント

ショウガが持つ水分量で、蒸し時間が変わるので、においで蒸し上がりのタイミングの判断する。最初はレモンのようなにおいがするが、蒸し上がってくると、少し甘いにおいになってくる。これが蒸しあがりのサイン。

摂取量の目安

ウルトラ蒸しショウガの摂取量の目安は、1日2~3グラム。胸焼けする方は、1グラム程度の量に控る。刺激が強いので、過度に摂取すると、消化器を痛める恐れがある。

保存方法

からっからに乾燥させたら、ビニール袋や容器などに入れて密閉する。そうしておけば、3か月程度は日持する。
このとき、冷蔵庫などには入れずに常温で保存。冷蔵するとかえって風味が悪くなる。

ウルトラ蒸し生姜の効果効能

生のショウガにはジンゲロールという体を冷やす効果がある成分が多く含まれてる。

これに乾燥や加熱を加えると、水分子のようなものが外れ、「ショウガオール」という体を中から温める別の成分に変化していく。

「ウルトラ蒸しショウガ」では、これまでの乾燥のみをしていた「ウルトラしょうが」に加えて、この「蒸す」という一手間を加えているために、ショウガオールの量が1.2倍。ジンゲロールが0.45倍になっていて、体感では「ウルトラしょうが」よりも3~4倍温かさを感じることが分かった。

ウルトラ蒸しショウガでダイエット

九州大学健康科学センターでは、蒸すだけでなく、特別な発酵も加えた「黒いショウガ」を使って、ショウガオールが、体の脂肪を燃えやすくする効果があることを研究。

そこで、得られたデータでは、普通の状態で走ったときに30分かかって得られる脂肪燃焼率をショウガ有りでは、20分で達成することが分かった。

ウルトラ蒸し生姜の作り方レシピ&ダイエット効果【NHKあさイチ 1月15日】

九州大学での実験に使われていた黒いショウガは、株式会社エヌエルエー「発酵黒生姜(しょうが)」というものだそうです。

ダイエットに効果的な使い方

通勤や通学、買い物や家事など、体を動かす前。食べてから効きが表れるまで、おおよそ30分かかるので、30分前をめどに食べるとよい。

実際にダイエットに挑戦した3人中2人がダイエットに成功していた。

IMG_0507

ウルトラ蒸しショウガのドリンクレシピ

番組ではしょうが料理専門レストラン「祝茶房 紅拍手」の店主で生姜の女王・森島土紀子さんがウルトラ蒸し生姜を毎日おいしく摂る方法として、おいしく飲めるドリンクのレシピを紹介。

ウルトラ蒸しショウガ紅茶レシピ

(1)紅茶を作る。

(2)カップ1杯に対して、ウルトラ蒸しショウガひと切れをめどに加える。

ウルトラ蒸しショウガこぶ茶レシピ

(1)市販のこぶ茶の素で、こぶ茶を作る。

(2)カップ1杯に対して、ウルトラ蒸しショウガひと切れをめどに加える。

ポイント

ウルトラ蒸しショウガは、ショウガの風味が弱くなっているので、お好みで生のショウガをすったものを加えると、味に変化が起きて風味も増す。

また、冷蔵やアイスにしてしまうと、ショウガオールがジンゲロールに戻ってしまうので、保存するときも温かいままにしておくのが理想。

ウルトラ蒸しショウガの水炊きレシピ

ウルトラ蒸し生姜の作り方レシピ&ダイエット効果【NHKあさイチ 1月15日】
「永谷園」生姜(しょうが)部の方々が温まり効果を最大に引き出す料理として水炊き鍋のレシピを紹介。

材料(分量2人分)

  • お湯…0.8リットル
  • 昆布…1枚(ダシ用)
  • 酒…30ミリリットル
  • 鶏もも肉…400グラム(一口大)
  • にんじん…2分の1本(150グラム)
  • 白菜…2~3枚(100グラム)
  • しいたけ…大2個(50グラム)
  • 長ネギ…1本(130グラム)
  • 豆腐…半丁(150グラム)
  • 水菜…2分の1束(50グラム)
  • 酒かす…30グラム
  • 水…50ミリリットル
  • ウルトラ蒸しショウガ…4グラム

作り方

(1)昆布に水を入れて15分放置。塩を適量入れて火にかける。

(2)沸騰したら、乾姜、鶏もも肉を入れる。

(3)肉に火が通ったら、にんじんを入れる。

(4)にんじんに火が通ったら、白菜、しいたけ、ネギ、豆腐、水菜を入れる。
味を確かめる。

(5)酒かす30グラムと水50ミリリットルを耐熱容器に入れてレンジで2分。

(6)酒かすをよくとく、これを鍋に入れてよくとく。

ポイント

ショウガオールはお湯に溶け出すので、スープそのもの自体に温め効果がある。酒粕のアルコールは全身の血管を拡張させる。ショウガオールが体の深部の血液を全身にくまなく運んでくれるので全身が温まる。

Twitterの反応

 

 

 

シェアする

関連商品