頭痛は音楽で治る?白鳥という曲に鎮痛効果があることが判明

2015年1月21日放送のフジテレビ・ホンマでっか!?TV「お金が貯まる人の習慣!」では痛みと音楽の関係について研究している音楽治療評論家の藤本幸弘さんが、クラシック音楽の「白鳥」を聴くと頭痛が抑えられる仕組みについて解説していました。

頭痛を抑えたかったら「白鳥」を聴くと良い

頭痛患者約3000万人のうち、約2200万人が緊張型頭痛患者と言われている。緊張型頭痛が起こる要因は、肩の筋肉が凝り交感神経が高ぶること。

そんな頭痛を抑えたかったら組曲「動物の謝肉祭」の白鳥という曲を聴けば良い。

この曲は非常に頭痛を抑えるメカニズムが多い。緊張型頭痛の場合は副交感神経が高まるとリラックスし痛みが軽減される。さらに脳内からβエンドルフィンが分泌されると痛みが軽減される。

「白鳥」の伴奏はアダージョと呼ばれる人間の心拍数に近い音楽で、リラックスできβエンドルフィンが出やすい状態になり頭痛が軽減する。

βエンドルフィンはモルヒネの6倍鎮痛効果がある

ランナーズ・ハイなど、すごく運動した後に気持ちい快感があるのはこのβエンドルフィンの作用。これはモルヒネの6倍の鎮痛効果があると言われている。

効果は?

番組では実際に脈拍の揺れの違いにより自律神経(交感神経・副交感神経)をの安定度を測定する装置を使って実験。ブラックマヨネーズの小杉さんの緊張状態にあった収録前の状態と、白鳥を聴いた後の状態を比較した。

ホンマでっかTV 頭痛を抑えるには白鳥という音楽を聴くと良い【1月21日】

ホンマでっかTV 頭痛を抑えるには白鳥という音楽を聴くと良い【1月21日】

交感神経と副交感神経の2つの神経の差が無いほど自律神経が安定し頭痛が軽減しているということ。

もう少し交感神経のバランスが落ちていると良かったが、本番中で騒がしかったので期待通りの結果にはならなかったそうです。

実際に「白鳥」を聴いてみた人の感想

その他の頭痛改善に解する記事

偏頭痛と緊張型頭痛を見分ける問診&対処法【家庭の医学】

前兆のある偏頭痛患者は心臓に穴が開いている?【たけしの家庭の医学】

頭痛,肩こり,不眠の原因はまぶたのたるみ?眼瞼下垂症の症状&見分け方

片頭痛と緊張型頭痛の対処法&警告頭痛【2月1日】

シェアする

関連商品