冷めてもおいしいお弁当ハンバーグレシピ&作り方のポイント【NHKためしてガッテン10月31日 林廣美】

2012年10月31日放送のNHKためしてガッテン「幸せ!お弁当応援SP時短なのに冷めて美味」で料理研究家の林廣美さんが紹介していた、冷めてもふわふわジューシーでおいしいお弁当ハンバーグのレシピ・作り方のポイントです。

冷めてもおいしいお弁当ハンバーグの作り方のポイント

  • 合い挽き肉は豚肉と鶏肉を1:1の割合で使う。
  • 肉200gに対してお酢を小さじ1杯ほど混ぜる。こうすることでふわふわに仕上がる
  • 合い挽き肉(鶏肉と豚肉を1:1の割合で混ぜる)
  • パン粉の代わりに細かく砕いたお麩を牛乳に浸して使う
  • 焼き方はいつもの方法でOK

冷めてもふわふわジューシーな理由

鶏肉・豚肉・牛肉の肉の種類によって油が溶け出す温度が違う。油が溶け出す温度をジューシー温度と名付けると、牛肉は50度、豚肉は40度、鶏肉は30度前後。私たちの口の中の温度は36度前後なので、冷めた牛肉の油は人間の体温では溶けにくい。牛肉が全部ジューシー温度が高いというわけだはなく、高級な和牛なら20度以下で溶けるものもある。なのでハンバーグは豚肉と鶏肉の合い挽き肉で作るとおいしい。

またパン粉の代わりにお麩を使うと保水力がアップし、肉汁をより多くハンバーグの中に留めてくれる。お肉のタンパク質を柔らかくするためにお酢を少量使う。

裏ワザを使ったハンバーグは、5時間たって一口食べた時の肉汁の量が、普通のハンバーグの8倍だった。

その他のハンバーグレシピ

電子レンジで簡単!ハンバーグのトマト煮込みレシピ&作り方【NHKきょうの料理ビギナーズ10月3日】
電子レンジで簡単に作れるハンバーグのトマト煮込みレシピ

若林三弥子のきのこソースのハンバーグレシピ・作り方【ノンストップサロネーゼな食卓9月17日】
若林三弥子さんのきのこソースのハンバーグレシピ

塩麹豆腐ハンバーグレシピ&作り方【NHKあさイチ料理10月9日 小紺有花】
塩麹を使った豆腐ハンバーグのレシピ

坂井宏行の節約ハンバーグレシピ&作り方【ウチゴハン9月23日】
鉄人・坂井宏行さんの節約ハンバーグレシピ

シェアする

関連商品