チアシード料理レシピ【餃子&豆乳バーニャカウダ&トマトジュレ】

2015年4月15日

2015年4月15日(水曜日)放送のTBS・あさチャン「チャン知り」では、フードコーディネーターの梅澤由佳さんがチアシードを使った料理レシピを紹介していました。

トマトのチアシードジュレレシピ

トマトのチアシードジュレレシピ

材料(材料3~4人分)

  • チアシード…小さじ2
  • トマト(小)…1個
  • お湯…小さじ1
  • コンソメ…小さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1/2

作り方

1
トマトは湯剥きして軽く種をとっておく。
2
トマト・お湯で戻したコンソメ・砂糖をミキサーに入れて混ぜる。
3
トマトがなめらかになったら器に取り出してチアシードを加えて混ぜ、冷蔵庫に入れて10分ほど置けば出来上がり。
4

カルパッチョの上にあしらえば見た目にも鮮やか。

トマトのチアシードジュレを使った鯛のカルパッチョ

チアシードの豆乳バーニャカウダレシピ

チアシードの豆乳バーニャカウダレシピ

材料(3~4人分)

  • チアシード…大さじ1/2
  • オリーブオイル…小さじ2
  • 豆乳…200ml
  • にんにく…2片
  • アンチョビフィレ…5枚

作り方

1
オリーブオイルでにんにく・アンチョビをじっくりと炒める。
2
豆乳を入れて温まってきたらチアシードを加え、弱火でじっくりと火を通す。とろみがついてきたら完成。

チアシードに含まれるアルファリノレン酸は熱に弱い成分なので加熱する場合はごくごく弱火でじっくり加熱する。直接熱に触れた状態ではなく必ず何かに混ぜて使うのがポイント。

チアシード餃子

番組ではチアシードを毎日の食事に取り入れているという主婦の青木あいさんを取材。毎朝ジュースに混ぜたりヨーグルトに合わせたり、パンやケーキにも混ぜあわせているそうです。

お肉をあまり食べないご主人のために料理もチアシードを使っている。今回はひき肉・紫玉ねぎ・キャベツを使った餃子を紹介。肉の量を半分にしているのでカロリーは減らしながら栄養を補える。

チアシード餃子の材料

ボウルに具材と調味料を入れてしっかりと混ぜ、鶏がらスープで戻したチアシードを加えて軽く混ぜあわせる。餃子の皮で包んで弱火でじっくり焼けば出来上がり。

チアシード餃子レシピ

この餃子を食べたご主人は「おいしいです。言われなければチアシードが入ってるってわからないぐらい溶け込んでいます。」と話していた。

合わせて読みたい

チアシードのダイエット効果&食べ方とレシピ

チアシード入りホットケーキレシピ

人気急上昇!チアシードの魅力とは?

チアシードとは南米で生産されているチアというシソ科の植物の種。大きさは約2ミリほど。この小さな種の中にタンパク質・食物繊維・カルシウム・亜鉛・マグネシウム・鉄の他、コレステロール値を下げると注目されるオメガ3脂肪酸の1つ、アルファリノレン酸も豊富に含まれている。

数あるスーパーフードの中でもチアシードが特に優れているのが、栄養差の高さとバランスの良さ。

管理栄養士の柴田真希さんは「チアシードにはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムはマグネシウムと2対1の割合で取るといいと言われていて、チアシードはまさに2対1の割合で含まれているんです。」と話していた。

さらにチアシード大さじ1杯で食物繊維は約3g、レタス1個分に相当する量を取ることが出来る。

水に浸すと膨らむチアシードは10分ほどで約10倍に膨らみプルプルとしたゼリー状に。食べると満腹感が続くことからダイエットにも効果的と人気。

チアシードをメニューに取り入れている「プラスメディ新宿マルイ本館店」では、ヨーグルトにチアシードを混ぜたスムージーや、チアシード入りのおからドーナツが女性に大人気。

チアシード自体には味もにおいもないのでスイーツやドリンクだけでは料理にも合わせやすい。

チアシード料理を学べる料理教室

神奈川県茅ヶ崎市のマンションの一室で行われている、美味しくて体に良い料理が学べる人気の料理教室「ローフードスクール ココルシェ」。

料理のレシピ以上に注目されていたのが今注目のスーパーフード「チアシード」。この日の料理はイチゴやキウイ・ブルーベリーなどを使ったジャムに、オレンジとカカオを使ったプディング。その両方にチアシードが使われていた。

番組では都内にあるCosme Kitchen代官山店にあるサンフードのオーガニックチアシードを紹介。

お店の人によると、今年に入ってから入荷次第すぐに売り切れてしまうくらい20代から50代くらいまでの特に女性に人気があるそうです。

その他のチアシード活用法・使い方