焼き芋を電子レンジで美味しくを作る方法/レシピ|Rの法則

2014年11月12日放送のNHKEテレ・Rの法則では、電子レンジ焼き芋の達人・さつまいも料理研究家の鈴木絢子さんが電子レンジで美味しい焼き芋を作る方法を紹介していました。

電子レンジで美味しく焼き芋を作る方法

焼き芋を電子レンジで美味しくを作る方法/レシピ|Rの法則

1
さつまいもをきれいに水洗いしたら、ふかずにぬれた新聞紙、またはキッチンペーパーで包む。
2
中サイズのさつまいもなら電子レンジの強(600W)で1分半加熱する。
3

電子レンジの弱(200W)で8~10分間加熱すれば出来上がり。解凍ボタンがあれば解凍ボタンでもOK。こうすることで70度前後の温度を保つことができる。

さらに番組では、おいもソムリエの林さんが普通のさつまいもを美味しくする方法を紹介していました。

普通のさつまいもを美味しくする方法

芋の選び方

家庭で火を通しやすいのは細くて長い芋。太い芋は芯まで火が通るのに時間がかかり、焼きムラができやすい。細いと芯まで短時間で火が通る。

保管方法

売っているさつまいもではとれたての甘みは出ないので、1週間くらい新聞紙で包んで寝かせれば甘みが増す。保管場所は風通しの良い冷暗所が良い。

冷蔵庫はNG。冷温障害でさつまいもがくさってしまう。

芋を焼いて甘くするにはコツがある。中心の温度が上がればいいわけではなくゆっくり焼いてあげるほうが甘みが増す。

管理栄養士の大野強さんによると、さつまいもに含まれているデンプンが糖に変わるのは70度前後。70度の温度帯を保って長時間加熱するとより多い糖が作られる。

合わせて読みたい

焼き芋と豆腐のケーキレシピ

作ってみた人の感想など

シェアする

関連商品